スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

映画「犬と猫と人間と」

犬と猫と人間と
http://www.inunekoningen.com/index.html

まだ見てないから何とも言えないけれど、
猫や犬を飼っている人にはぜひとも見て貰いたい。
スポンサーサイト
03:15 | 映画 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

「交渉人 真下正義」

観て来ました。「交渉人 真下正義」

(ネタばれは書いてないのでまだ観てない人もどうぞ)


すっごい面白かった~~(^^)
最初は踊る大捜査線3までの繋ぎのための只の企画映画かな~なんて思ってたんですけどね。
今までの劇場版の2作よりも好きかも。

踊る大捜査線の雰囲気が好きな人なら誰でも楽しめるんじゃないかな。


最初から最後までスピード感があるのに、笑う箇所がいくつもあって途中全然飽きないんですよ。
ヤクザっぽい木島刑事が凄くいい味出してるしね。
下手なぷち感動シーンなんてのが無いのがいいのかもね。
感動シーンの変わりにお笑いシーンになってます(笑)



でも列車が接触して火花散っているシーンを見た時にはどうしてもJR西日本の事故の事を思い出してしまいましたけどね。
まぁ、この時期それは仕方ないか。
クリスマスイブの話なんだし12月くらいに伸ばせばよかったんじゃないかなとも少し思ったりして。
封切り間近だったし次作の「容疑者 室井慎次」が夏公開だし色々と問題もあったのでしょうか。
まぁ、私はこのことは特に非難したりしませんけど。




あと、パトレイバーファンはまた別な楽しみ方もできるかもですよ!
いやぁ、私、自分で言うのも何ですがかなりパトレイバー好きでして、劇場版1なんかは数十回観てたりします。
色々とパトレイバーちっくなシーンとかが出てきて、思わずニヤリですよこれは。
何回もパトレイバー観てる人じゃないと分からないでしょうけどね。



終わった後もスタッフロールは楽しめます。
スタッフロールの後にもちょっとしたおまけがありましたよ(^^)



余談ですが
チケットを買った後、ご飯を食べに行って5分前に戻ってきたんだけど、
入場口に長蛇の列ができてたのでびびりました。
まさかっ「交渉人 真下正義」の列か!って一瞬思ったのですけど
なんのことはない本日公開のZガンダムの列でした(^^;

うぅっ、Zちょっと観たいかも。

23:20 | 映画 | comments (0) | trackbacks (1) | page top↑

マスク2

夜の8時頃友達から映画のお誘いがありまして。


見てきましたよ「マスク2」




もうすぐ公開終了だけあって一番小さな部屋でした。


でも今回まともに感想書けないかも(^^;



というのも、
私らの列の右側の方に来たバカップルがやかましいの何のって!



ビニール袋はクシャクシャ鳴らすはポテチはパリパリと音を鳴らして食べるは
炭酸のペットボトルは開ける度にプシュプシュ音は鳴るわで!!



それ全部持ち込み禁止だろが!!!



むかつきまくり!!



最初、嫌な予感はしてたんだよねー

小さな部屋だし21時過ぎての上映開始だったんでそれなりに人も少なく20人いなかったと思うんだけど、
そいつら結構後の方になって入ってきたんだよね。
んで、私らの列には私ら2人だけだったんで私らの右側の方に座ったんだけど
座った途端にビニール袋をガサガサやって、お菓子やジュースなんぞ取り出して。


そのときはまだ最新映画の紹介だったんで許せたんですけど、
本編始まっても一向に静かにしないし、ぺちゃくちゃ話すし、

こいつらありえねぇ。


私の席からは4席ほど離れてたんで、あいつらの後ろの人が注意してくれないかなーと思ってたんですけど、来てた人みんな大学生くらいのアベックばっかりだったから注意しずらいんだろうなー。


30分くらい我慢したけど、新しいお菓子を袋ガサガサ音鳴らして出そうとした所で我慢の限度が来て、私が注意してきました。


映画館でこんな注意するのなんて初めてだよ。


めちゃくちゃ罵倒してやりたかったけど、他の人もいるし静かに穏便に。



それで、静かにしてくれたんだけどね。



私は注意した時まじ驚いたよ。


てっきり若いバカップルかと思っていたのに、




30後半くらいの人らだった・・・





あんたら・・・




その歳にもなってマナーも守れんのか・・・・




30後半にもなって中学生がされるような注意をさせんなよ。
私らみたいな年下に注意されるのも情けないだろ~。
注意するこっちも情けなくなってくるよ・・・・



今、この部屋にいるのは若い人達ばっかりだったから間違いなく最高齢な2人なのに。
その2人がマナー守ってなくてどうするよ。



持ち込み禁止になってるお菓子やペットボトルの持込なんて中学生じゃ無いんだから。

映画見ながらお菓子食べたいのなら禁止してない映画館行って欲しい。
ここは売店に売ってるポップコーンとかジュースのみって決まってるんだからさぁ。


私は子供連れや中高生の少ない夜の時間に映画観に行くんで、
映画上映中にここまで酷く袋ガサガサする輩には久々に出会いましたよ。



多分、普段あまり映画館とか行かない人なんだろうけど、静かにするくらいの常識は持って欲しいものです。





んで、映画の感想は






トムとジェリーを思い出しました。


そんな感じかなぁ。


マスク1を観たのはかなり昔なんであまり覚えてないけど、
マスク1よりもCGが増えてたと思う。

その分アニメっぽくなってて、トムとジェリーの二番煎じみたいになってたかな。

トムとジェリー知らない人はすんなりと楽しめるかもしんない。

私にはこの出来ではトムとジェリーは越えられなかった。



「マスク1」+「トムとジェリー」が私の率直なイメージ



元々私はマスク1があまり好きではなかったし、
今回も友達に誘われなかったら映画館では観てなかっただろうし、
あの2人にそうとうむかついていたので、
あまりプラス面での感想にはなりません。



唯一よかったのは悪役のロキとその親父さんかな~
この2人だけはこの映画になじんでましたね。
他の人達はなんか無理矢理CGとかでごまかしてる感じ。
結局この「マスク」はジム・キャリーがいてこそじゃないかな。


でもこのロキと親父さんの2人がいるおかげでこの映画はまだ面白いんですよー。

あれっ?
主役は誰だこの映画。
ロキと親父さんを主役にしたほうが数倍面白かったんじゃないのか?



でもまぁ、時折笑ってしまうシーンなんてのもありましたけどね。


小学生、中学生くらいの子供さんと一緒に観られるにはいいのでは。
最終的に家族愛みたいな形になるし。



あらっ!?
最終的に家族愛見せるのもロキとその親父じゃん。
ホンッッッッッットォーーーに主役間違えたんじゃないのかこの映画!?

23:49 | 映画 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

コンスタンティン

夕方、うつらうつらと夢心地に入っていたら一本の電話。
映画観に行こうというものでした。
昼寝してるくらいヒマだったので即OK。


デジャブ・・・
って前回の「ナショナルトレジャー」のときと同じじゃん(^^;
日曜の過ごし方なんて出かけでもしない限り同じような私 orz


今回観に行くのは「コンスタンティン」





前回とほぼ同じように重信シネマサンシャインへ
20時50分上映開始のところ20時に到着。


昨日公開開始だったので、指定席かもしれないと思い、ご飯の前に先にチケットを買っておくことに。
今回もレイトショーなので一人1200円

普通に自由席でした。
しかも7番館。


一番小さな部屋ですよ。人気無いのかこれ?
公開2日目なのに・・・(^^;





一抹の不安を感じながらも外で夕食を取り、戻ってきたのが20時30分。
ちょうどいい時間♪


しばらくすると入場を始めたので、いつもどおりポップコーンとメロンソーダを買って入場。
真ん中の見やすい席ゲット。





最新映画の紹介でデ・ニーロが出るホラーちっくなやつがあったのですが、
(ホラーなかくれんぼ)
これが違和感ありまくり。


セリフは全部字幕なのに、「もういいかい」だけ子供の可愛い声で日本語でしゃべってた。
いや、おかしいだろ、これは。

実際の映画では字幕になるのかな?


なんて思ってたら最後、可愛い声の「もう~いいか~い」に
解説がどすの利いた怖い声で「もういいよ」と答えやがりました。



あははははははははは!!!

これが私のツボにはまりまくり。
爆笑したかったのだけど、周りは静かなまま。
必死に笑いをこらえる。

くぅぅ~!
今のうけなかったのかみんな!!
それとも皆同じように笑うの我慢してたのか!(><)






んで、実際の「コンスタンティン」の感想なのですが・・・















大はずれでした!




超B級・・・



今まで映画館に観に行った中で一番つまらなかったかもしれない・・・





まずね、キアヌにマトリックスの雰囲気が残りまくりでダメ(><)

で、やってることがマトリックスと違ってしょぼいからパチもんの救世主って感じ。


話も分かり難いし。
というか話は分かってもやってることの意味が分からんし。



カメラワークも何か違うんですよ。
何か映画っぽくないというか・・・上手く説明できないんですけどね。


最初の方で、キアヌが車から降りて建物に入っていくシーンがあるんですけど、
そのシーンを建物の上から遠距離で固定で撮ってたり。
斬新と言えば斬新なのですが。
何か違和感あるのですよ。くぅ、上手く説明できん(泣)

後半、CGが使われるようになってからは違和感無くなるんですけどね。


他にも客をドキっとさせようとするシーンらしきのが幾つかあったんですけどね。
しょぼいんですよこれがまた。
ただ大きな音を出せばいいってもんじゃないでしょ・・・



なんというか・・・これはもしかして・・・

監督がしょぼいんでしょうか。




何かあまり面白くないな~なんて観ていたら、音楽までしょぼく聞えてきて、全てがダメダメに見えてきました。


一部のCGだけはできがいいのですが。



最後の方にですね、ブルース・ウィリスに似たおっさんが出てきて、一瞬おっ?っと思いました。
別人でよかった。
もしブルース・ウィリス起用していたら、ホントにダメ映画になっちゃってたよこれ。


このおっさんだけがいい雰囲気出していて唯一の救いです。





そして・・・

スタッフロールに入った途端、席を立つ人の多さ!Σ( ̄△ ̄;)
今までで一番多いかもしんない。
やっぱ皆つまらなかったんだ(^^;




これってですね・・・


ぶっちゃけ映画化失敗!?


多分ね、
同じ内容で日本でアニメで造ったほうが、だいぶマシなのができると思う。


というか、漫画っぽいのですよこの内容。
神とか悪魔とか。
どこかの漫画で読んだような中途半端な内容の詰め合わせみたいで。


マトリックスといい、この映画に出演するあたりキアヌっておたくなのか?




というわけで、あまりおすすめできません(^^;
途中だらけます。
時間が長く感じます。
特にデートで使ったら引きます。


レンタルでも新作の状態ではあまり・・・
安くなってから借りてみたのでいいのでは。



キアヌ様大好き!キアヌ様のお姿が見られたらそれだけで最高!!
という方はどうぞ見て下さい。

ほぼ全シーン、キアヌ様がスクリーンに出てます。

キアヌ様の綺麗なお顔が女性に素足で踏まれてぐりぐりされています。
キアヌファンには悶えまくりなシーンになること間違いなしです。



ただ・・・
帰りに女性2人組みが面白かったなんて言っているのが聞えたので感想なんてのは人それぞれ(^^;






って、今このブログ書いていたらテレビから例の「もう~いいか~い」が聞えてきました。
思わず反応しちゃったよ(笑)
CMもうやってるんですね。
「ハイド・アンド・シーク」っていう題名みたいです。
23:57 | 映画 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

コールド・マウンテン

レンタルで借りていた「コールド・マウンテン」



なかなか面白かったですよ。

南北戦争によって引き裂かれ、脱走兵として村を目指すインマンと帰りを待つエイダの恋愛物なんですが、たった一度のキスしかしてないのにここまで相手を想うのがまたなんとも。

ただ、この映画は恋愛物としてだけではなくて、箱入り娘で一人では何もできなかったエイダが、同じ女性なのにたくましいルビーによって、鍛えられていくのも見所ですね。

自然の綺麗さもいいですね。



<<以下ネタバレ有り>>

この映画はけっこう長いのですが、2人が再会するまでも長いんですよね。
終盤になってようやく再会するのですが・・・
その再会シーンだけがちょっと・・・


再会するシーンのつくりは凄くいいんですよ。
やっと2人が出会える場所にいるのに、このまままた離れてしまうのかといった
もどかしさがあったりして、うずうずさせられたり。

ただ、再会した時がさっぱりしすぎてて、あれれ?っていう感じ。

一度しかキスしたことしかない関係だから実際はこんなものかもしれないけど、
ここまで長い時間ひっぱってきたんだから、もうちょっと盛り上げてくれよ~。



そしてラストは~~
完全ネタバレになるので過程は書きませんが、ほろりと涙するシーンも。
その涙するシーンはホントに最後の日常の食卓のシーン。
普通に庭で食事してるだけなんですが。いいのですよこれが。

良い終わり方です。



ただ、どうしてもスケールが大きすぎるために、いろんな部分を詰め込みすぎて
どれもが今一歩足りない感があります。
中途半端とまでは言わないのですけど、何か今ひとつ足りないんです。


脱走したインマンだけに焦点をしぼったり、
残されたエイダや村の女達に焦点をしぼったりしてもよかったのだろうけど、
それではまた違った映画になるだろうし。



まぁ、ヒット作一歩手前の作品ですが結構面白いですよ。


恋愛物なんで恋人同士で観てもいいし、
一人寂しいときに観てもいい映画だと思いますよ~。




個人的に少し思ったこと (* ̄∀ ̄*)

逃亡中にとある民家で、酔ってる中2人きりで服をはだけた美女にせまられてるのに、それに中々応えようとしないインマンは凄いというか・・・
そこまでエイダへの愛を貫くのかインマン! Σ( ̄□ ̄;)!!

上の服をはだけてスカートまくってお尻を突き出してきてるんですよ!
ナイスバディな美女が!
逃亡中でかなり欲望はたまってるはずなのに!
しかも酔ってるのに!
ありえないよ。

23:48 | 映画 | comments (0) | trackbacks (1) | page top↑






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。